宮崎県でも動き出しました。
本日(11月12日)の宮崎日日新聞に掲載されています。

以下転載——–宮崎日日新聞Webサイト11月12日更新より

深刻な子どもの貧困問題に対応し、困窮世帯の子どもたちの生活支援や機会拡大を図ろうと「みやざき子どもほほえみ基金」が設立される。県内在住の18歳以下の子どもたちを対象に、安定した生活や進学・就労環境を支えるため、個別的なニーズを聞きながら給付を判断。運営するのは子どもに関わる奉仕活動を展開する宮崎キワニスクラブ(兒玉邦彦会長)で、県内外の企業や団体、個人から寄付を募る。
13日、宮崎市で基金の発足式がある。

2015111208250000