みやざき「子どもの貧困と教育」フォーラム2017に初参加してきました。
年末の慌ただしい時期に200人を超える方達がお見えになっていました。

らしくサポートのパネルには、前日に
竹内准教授が書いてくださった紹介文も
貼ってあり、大変嬉しく思いました。

第一部のポスターセッションには、
宮崎県内から10団体が参加。

初めての事だったので
どのような形なのか何もわからない中で始まりましたが、
らしくサポートの取り組みを伝えられたと思います。
学生さん達からも、いろんな質問が飛び交いました。

また日曜日でしたが、都城市からも応援に来てくださっていて
質問の際には、答えてくださるなどのサプライズもありまして
支えられているなぁ~と実感
ありがとうございました。

 

12月23日(土)は、
みやざき子どもの未来応援コーディネーター養成研修が開催されます。

子どもの成長段階に応じた切れ目のない支援
教育と福祉の連携
行政と民間の連携

みやざき子どもの未来応援コーディネーターには、支援を必要としている子どもの実情を踏まえ、必要とされる支援を検討し、支援が提供できる団体等へつなげる役割や支援団体間の調整役を担う事が期待されています。